from headprops

kenさんのHeadprops
高速増幅素子による高性能ヘッドフォンアンプ」を読ませていただいた。

これが受賞モデル?!という驚きはおいていて、、、
kenさんにより回路が推定されている。



と、とってもシンプル。

実体配線図はこのようになりました。
回路図にはありませんが±電源に0.1uと100uのコンデンサを入れています。

Top

Bottom


いつもと電源の+と-の位置が異なっているので注意してください。
電源電圧は使用するオペアンプ次第ですが±12Vで十分という印象です。

オペアンプは2回路入りのものをいろいろ試してみると面白いと思います。
5532DD+LM358という廉価ペアでも、なかなか聴けます。
[PR]
by blueknight611 | 2007-04-14 18:00 | Headphone Amp
<< simplified Dyna... 金田式もどきFET headp... >>